触手業界歓喜!ドスケベ触手に襲われるOMANMANは深海に実在した!

生きた姿をほぼ見られない「グラスオクトパス」の撮影に成功!貴重な遊泳シーンも - ナゾロジー
貴重な遊泳シーンの撮影に成功! 同プロジェクトは2017年にスタートし、これまで21回の海洋遠征と、無人潜水ロボット「スバスチアン(SuBastian)」による計182時間以上の撮影を完了しています。

シュミット海洋研究所(Schmidt Ocean Institute・米)の海底探査プロジェクトで、めったに見つからない「透明ダコ」が撮影されました。

「グラスオクトパス(glass octopus)」と呼ばれるこのタコは、全身が無色透明で、内部組織や光る吸盤しか見えません。

生きた姿がしっかり撮影できたのは、ほぼ初めてとのことです。

これぞ、生命の神秘…

場所はアメリカが領有する太平洋上の離島近海で、グラスオクトパスは、太平洋の赤道付近に位置するフェニックス諸島周辺の深海で発見されました。

つい先日終了したフェニックス諸島での調査は34日間にわたり、3万平方km以上におよぶ海底マッピングと、5つの海山のビデオ撮影を行っています。

その中で、グラスオクトパスは2回目撃されました。

本種はVitreledonella richardi」という学名で、1918年に初めて見つかった頭足類です。

しかし、これまでの調査で見つかったのは、捕食生物の腸内から発見された遺骸ばかりで、生きた姿はほとんど確認されていません。

そのため、今回撮影されたグラスオクトパスの遊泳する姿は非常に貴重です。

ムッ…どさくさに紛れて観音様とかドスケベなことを言っている人がいますね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました