【身近なドスケベシリーズ】何故ショタは襲われた後、逆に元気になってバックで性交してしまうのか!その理由がついに明らかに!

ウナギの稚魚には魚に食べられても「エラからバックで抜け出す能力」があった - ナゾロジー
ウナギの稚魚には魚に食べられても「エラからバックで抜け出す能力」があった 偉大な発見の多くは、実験の意図しない結果がもたらしてくれます。 今回の研究も当初は「ウナギの稚魚の捕食者に対する回避行動」に焦点があてられていました。

研究者たちが映像を確かめたところ、ウナギの稚魚がドンコに食べられてから間もなく、ドンコのエラの付近から、細長い何かがスルリと出てくるのが確認されました。研究者たちはこの細長い物体が、ウナギの稚魚の尻尾だとすぐに気付きます。この時点で、ドンコは不快感を感じ始めたのか激しく泳ぎ、体を水槽の壁に擦りつけるような動きをみせはじめました。すると間もなく、残りのウナギの稚魚の体がスルリとエラから抜け出てきたのです。こうなってくると、研究者たちの熱意はいやがおうにも捕食実験に注がれたでしょう。

研究者たちはさっそく54匹のウナギの稚魚を用意して、全てをドンコに捕食させ、脱出が起こる頻度を確かめました。結果、半数以上の28匹(51.9%)の稚魚が捕食された後に47±36秒という非常に短期間内で、ドンコのエラから逃げ出す様子が確認されました。さらに興味深いことに、脱出に成功したウナギの稚魚たちの多く(28匹中26匹)は「無傷」だったのです。この結果は、ウナギの稚魚にとって捕食された後のエラからの脱出が、かなり一般的な選択肢であることを示します。しかし、よりにもよって、なぜ尻尾が先なのでしょうか?

捕食者の体内から脱出するにあたり、なぜ尻尾が先なのか?この疑問に対し、研究者たちは一部のウナギの持つ習性に着目しました。一部のウナギには危機的な状況になると後方に向けて急発進するという「バック」能力が知られているからです。捕食者に食べられて体内にいるという状態はこれ以上ないほどの危機です。そのため、ウナギの稚魚たちは後方へ向けての「バック」を繰り返し、結果的に捕食者のエラから後ろ向きに飛び出すという結果になったと考えられます。しかし、54匹中28匹という成功率の高さは、脅威に対する本能的な反応だけで説明できないかもしれません。食べられても逃げられるという戦法は、か弱いウナギの稚魚にとって最強の武器になります。
今回の研究により、ウナギの稚魚に大きな魚に食べられても、エラから脱出できる能力があることが示されました。魚の世界で、捕食者のエラから被捕食者が脱出する例が報告された例は今回がはじめてです。研究者たちは今後、ウナギの稚魚のように細長い他の魚でも、同じような脱出法が行われているかを確かめるべきだと考えています。

「して…エロいことして」…かな?

ムッ…考えたらそういう事象が発見されただけで別に理由は確定されていませんね…!

まあいいか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました