IOCの重チン、ディック委員が深夜のドスケベ発言!「日本人は口では嫌だと言っていても性交を悦ぶドスケベなんだろう」

IOC(国際オリンピック委員会)の最古参委員、ディック・パウンド氏(79)が、「週刊文春」の単独インタビューに応じ、「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」などと述べた。パウンド氏はカナダの元競泳代表選手。(中略)「現会長のバッハ氏にも直言することを厭わない重鎮委員」(IOC関係者)だという。そのパウンド氏が「週刊文春」の取材に応じたのは、日本時間の5月23日(日)深夜。以下、本人との主なやり取りだ。
――日本の世論調査では今夏の開催に8割が否定的だ。
「昨年3月、延期は一度と日本が述べたのだから、延期の選択肢はテーブル上に存在しない。日本国民の多くが開催に否定的な意見であるのは、残念なこと。ゲームを開催しても追加のリスクはないという科学的な証拠があるのに、なぜ彼らはそれを無視して、科学的なことはどうでもいいと言うのか。ただ嫌だと言っているだけではないのか。開催したらきっと成功を喜ぶことだろう」
――観客については、どう考えているか。
「安全を考えると、観客を入れるべきでない。保守的可能性だが。ただ、率直に言って、世界の99.5%はテレビや電子プラットフォームで楽しむのだから。会場に観客がいるかどうかは重要ではない。なぜなら、すべてのカメラはアスリートとパフォーマンスに焦点を当てており、観客には焦点を当てていないから。つまり、雰囲気を味わうためにの観客いるのはいいことだが、必須ではない」

IOC重鎮委員が独占告白「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」 | 文春オンライン
新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、開催の是非が問われている東京五輪。そうした中、IOC(国際オリンピック委員会)の最古参委員、ディック・パウンド氏(79)が、「週刊文春」の単独インタビュ…

生がイイとか言ってるよこの人、ドスケベお爺さんだなぁ…名実ともにおちんぽんだよ

ほらほら、ワシのディックがいいんか?ええのんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました