パナソニックインダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課がキャンペーンワードを設定

パナソニックでは、エネループ グローバルWEBサイトの新設とともに、新たなキャンペーンワードとして、「Recharging a Better Tomorrow」を設定。パナソニック インダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課の八木南帆氏は、「これまでの15年間で、エネループのコンセプト、技術、デザイン、使い心地が世界中で評価されてきた。エネループは一度使うと離れられないという評価も多くの人から得ており、リピートユーザーも多い。だが、知る人ぞ知る状態になっているという課題がある。グローバルにおいて、エネループの認知度をいかに高めていくかが、今後の取り組みになる」とした。

https://japan.cnet.com/article/35167260/
パナソニック、「エネループ」を知る人ぞ知るブランドから脱却させるマーケティング戦略
パナソニックの充電式ニッケル水素電池「eneloop」が、同社乾電池事業において、独立したブランドコミュニケーションを開始した。海外での認知度アップを目指し、リピーター多数なのに「知る人ぞ知る状態」になっているという課題解決に乗り出す。

エネループって三洋時代の名称を使いたくなかったけど、大人の理由でやっぱ使おうってだけのような気がするんですけど…

でも正直昔のエネループって底がすぐ穴開くイメージがあるので個人的にはあんまり好きではなかったなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました