アヘッーー!ホルモンバランスが崩れたビッチがイライラしちゃってイエローカード!主審も更年期か!?

「ウニベルシターリオ・デポルテス vs アトレティコ・グラウ」は、65分にジェフェルソン・コラソスのゴールでアトレティコ・グラウが先制したが、その後終盤に失点し、レイモン・マンコ擁するアトレティコ・グラウは逆転負けを喫した。

マンコが怒ったのは、逆転された直後の後半のアディショナルタイム。97分にドナール・ミランのユニフォームを引っ張って倒した件で主審に食ってかかったマンコには、主審からイエローカードが出された。マンコは執拗に抗議せず、二言三言発してすぐに主審の元を離れたが、カードを出されたことにも不満があった模様。

なお、ペルーのポータルサイト「trome」はこの場面について、「イライラすることで悪名高いマンコ」と表現。マンコが短気であり、短気は損気であると論じている

https://www.cartaovermelho.com/2020/10/27/20201024peru/
Cartao Vermelho - 南米サッカーにまつわるネタやゴシップ記事などを日本語でお届けするエトセトラブログサイト
南米サッカーのエトセトラ情報サイト「Cartao Vermelho」です。南米サッカーにまつわるネタやゴシップ記事などをお届けします。

↑落ち着いてプレイといえば、昔ポリネシアンセックスとか話題になりましたけどあれってどうだったの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました