アヘッーー!コロナはNTRウイルスだった!?「イェーイ彼氏君見てるぅーー?今から君の彼女ちゃんと…」

コロナ、人口動態が激変…出生数が激減、高齢者の死亡者減、少子化が10年前倒しか
新型コロナウイルス(以下、コロナ)のパンデミックを制圧するため、世界各地でワクチン接種が急ピッチで進んでいる。世界で接種されたコロナのワクチンは1月18日時点で...

人口減少が10年以上続いている日本も例外ではない。約8万人の解雇・雇い止めや女性の自殺者数が8割増となるなどコロナ禍による激震が続き、生活不安と生きづらさが子育て不安に直結していることから、日本でも「少子化の傾向が10年前倒しになった」との声が上がっている。2019年の日本の出生数が前年比6%減の86万人となったことが話題となった。昨年の出生数はコロナ禍の影響もあって82万から84万人に減少するとの予測があるが、今年の出生数は80万人割れするのが確実な情勢となっている。昨年の妊娠届けの数が平年よりも大幅に減少しているからである。

 一方で、高齢者がコロナ禍で外出を控えた影響などで昨年の死者数は減少したと見込まれている。「少子高齢化」の傾向が大きく進行したことで、その影響は社会保障制度にとどまらず、日本社会のあり方全般の見直しにまで発展する可能性がある。

 このように、コロナ禍がもたらす人口動態への対応こそが、長期的な視点から見た国家運営の最重要課題なのではないだろうか。

https://biz-journal.jp/2021/01/post_203706.html

うん、今日はこれだけなんだ…すまない

コメント

タイトルとURLをコピーしました