ダイナソアッーーー!これはチン事実、いや新事実だッ!!メス堕ち恐竜のアナルの化石に研究者大歓喜!恐竜達はアナルでオッスオッスを誘惑してオッスオッスしていた!!

ティラノサウルスの完全な骨格が再現されるなど、恐竜の生態については多くの研究が行われていますが、新たに良好な状態の恐竜の「お尻の穴」の化石が発見され、さまざまなことが判明しています。
2002年に中国で発見された以下の化石は、白亜紀に生息したプシッタコサウルスのもの。以前から良好な状態なことから研究者らの注目を集めていましたが、ブリストル大学で古生物学講師を研究するジェイコブ・ビンサー氏は恐竜の体色に関する研究を行っている際に偶然、「お尻の穴」まで鮮明に化石になっていることを発見しました。
プシッタコサウルスのお尻の穴はV字の形状をしており、ワニの肛門に近い形状をであることから、鳥類や爬虫(はちゅう)類が持つ総排出腔と同様に、排尿、排便、生殖行動に用いられていたとビンサー氏は推測しています。
また、お尻の穴の周囲から小さな突起が発見されており、ビンサー氏はこの突起から誘引物質を分泌し、求愛の際に相手を誘い込んでいたと考えています。
さらに、お尻の穴の周りからメラニンが検出されました。このことから、プシッタコサウルスのお尻の色は他の部位と異なっており、赤いお尻で威嚇や求愛を行うサルと同様の用途でお尻を使っていた可能性が指摘されています。

https://gigazine.net/news/20210122-dinosaur-butthole/

ムッ…恐竜達は隕石ではなくアナル肛虐の虜になって生殖率が落ちて絶滅していた…!?

まあ、人間と違って恐竜はケツマンしかないので、肛虐によってケツ穴から卵を産むだけなんですけどね…ニワトリみたいなもんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました