なな、なんと!六十台の五百蔵さんの畑の一角を借りて第二の人生を三木市で送る四種類の作物を植えた畑から、大量のエッチな大根が生まれちゃいました💛💛おっほ💛モグ波はもういないのに💛たしゅけてぇ💛

先端が股(また)のように枝分かれした大根が、兵庫県三木市大塚の畑で大量に収穫された。近くに住む澤尾信之さん(76)が育てた約150本のほとんどが変形しており、近所の人から「マタコン」の愛称で親しまれている。

 場所は五百蔵克三さん(66)=三木市=が所有する農地。澤尾さんはその一角を借り、第二の人生を豊かにしようと6年ほど前から農業を楽しんでいる。

 ピーマン、なすび、白菜、キャベツなど多くの野菜を栽培するが、「まだまだ素人」と謙遜する澤尾さん。おいしい野菜をと試行錯誤を続け、昨年は鶏ふんや化成肥料などを例年以上にまいた。

 冬になり、大根を収穫する時期を迎えたが、どうも様子がおかしい。抜いても抜いても土の中から出てくるのはマタコン。5キログラムほどの大きい大根も、見事に枝分かれしていた。澤尾さんは「石ころが土の中にあると変形しやすいと聞いたが、土に埋まっていないところから枝分かれしているからなあ」と首をかしげる。

 大根を引き抜く度に「またか」とため息をつく澤尾さん。肥料の量に問題があったと分析し、「来年こそは、真っすぐな大根を育てたい」と意気込んでいた。

ドヤァ…いいじゃん別にドヤァしたってさ

肥料がよくこなれていなくて固すぎて、大根が枝分かれしちゃうことがあるみたいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました