アヘッーー!ネクロケモナー科学者による狂気の実験!『ではこれよりゾンビカワウソのおちんぽん強度テストを行うッ!!』このままじゃあメスのカワイコちゃん達をラッコに寝取られちまうよ…

カナダのマクマスター大学の研究者たちは、世界最大級の原油埋蔵量を誇るアルバータ州の原油拠点の周辺に生息するカワウソの個体数を調べました。ここでは多くのオイルサンド(油砂)もしくはタールサンドと呼ばれる極めて粘性の高い鉱物油分を含む砂岩が開発・生産されています。

原油に含まれる化合物がある種の動物の繁殖成功度を低下させるというのはすでに明らかになっていますが、今回はカワウソの陰茎骨を調査してみようということに。30匹ほどカワウソを捕獲し、CTスキャンで検査しました。

捕獲したカワウソと汚染の少ない他の地域のカワウソの陰茎骨を比べてみると、汚染が少ない地域のカワウソの陰茎骨は丈夫で骨密度が高いことがわかりました。研究チームは、骨が弱くなる原因は炭化水素との接触なのではないかと結論付けています。

またこの地域内・外の毛皮貿易業者から入手したカワウソの死骸からも陰茎骨を採取し、どれくらいの負荷に耐えられるかをテストしました。するとやはり、原油拠点近くに生息しているカワウソの陰茎骨は他の場所のカワウソの陰茎骨よりも折れやすいことがわかりました。

https://www.gizmodo.jp/2020/12/tar-sands-pollution-is-giving-otters-limp-dick.html

あのさぁ…足の骨とか折ったらいいんじゃないの?なんでおちんぽんの骨なの?

ちなみにケモスフェア誌に投稿されたそうです。…訳すと…ケモナーの世界ってことか?(暴言)

↑お前は唯の加齢だ

コメント

タイトルとURLをコピーしました