メスチン文化!?

メスティーソ(スペイン語: Mestizo、ポルトガル語: Mestiço)は、白人とラテンアメリカの先住民(インディオ)の混血である人々[1]。ポルトガル語ではメスチース、またスペイン語はメスティソ、メスチーソ、メスチソなどとも書く。Mestiçagemなど原語では、人種の違うもの同士での婚姻や交配を意味し、転じて混血児全般を表す言葉になった。特に白人とインディオの混血のことを指すことが多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BD

南米のアルゼンチン、ウルグアイでは、もともとインディオの人口密度が低かった上に、スペインだけでなくイタリアなどからの白人の移民を19世紀半ばから大量に受け入れたために、中南米の中では最も白人の比率が高い地域となっている(白人比率はアルゼンチンで97%、ウルグアイで88%)。もっとも血統的には白人の中にはインディオの血を引いているものがかなりいると考えられている。
 米国のカーボーイに当たる牧人ガウチョは、スペイン人とインディオの混血であり、ここでの分類ではメスチソにあたる。かつて自由主義知識人はガウチョをスペイン的な遅れたもの、野蛮なものの見本のように扱い毛嫌いしたが、大衆の心性に訴えたガウチョ文学がガウチョの独特な文化や精神性を歌い、現在ではガウチョ精神がアルゼンチンのアイデンティティの一部となっている。例えば「ガウチョらしく振舞う」といえば自己を犠牲にしても他人のために尽くす人という意味になり、「ガウチョの言葉」といえば、それは「武士の一言」を意味するといわれる。
 アルゼンチンの国民はメスチソ文化を取り込んだ自分たちの文化を白人文化として自己認識しているようである。

http://honkawa2.sakura.ne.jp/8820.html

そうか…メスチン文化はアルゼンチン人にNTRてしまったのか…

あ、すまんメスチソだったわ。メスチンじゃなかった…

コメント

タイトルとURLをコピーしました