アッーーームネスティ!あっーーいけません💛いけません💛同意なしに肛門検査をしてはいけません💛科学的に無効なアナル検査は認められません💛

同性愛者の特定に肛門検査、「エジプト・チュニジア・ケニア・ウガンダ・ザンビアなどで頻繁」とヒューマン・ライツ・ウォッチ(ジュネーブ)− 

 合意の上の同性愛行為で訴追された男性およびトランスジェンダー女性が、過去5年間に少なくとも8カ国で、肛門検査を強制されていたとの報告がある、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書内で述べた。こうした検査は証拠を欠き、残虐で非人道的、かつ品位を傷つける取扱いの一形態であり、拷問に該当する場合もある。

 報告書「おとしめられた尊厳:同性愛訴追で行われる強制的な肛門検査」(全82ページ)は、カメルーン、エジプト、ケニア、レバノン、チュニジア、トルクメニスタン、ウガンダ、ザンビアで肛門検査を強制的に受けさせられた男性およびトランスジェンダー女性32人の聞き取り調査に基づいている。同性愛行為の「証拠」を発見する目的がうたわれている当該検査は、多くの場合、医師ほか医療従事者が強制的に指や、時には物体を被告人の肛門に挿入して行われる。被害者たちは、強制的な肛門検査が苦痛で、かつ品位を傷つけるものであったと証言。こうした体験を性暴力の一形態としてとらえた人もいた。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチのレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー(LGBT)の権利プログラムの上級調査員ニーラ・ゴシャルは、「強制的な肛門検査はプライバシーに立ち入った侵害的かつ極めて屈辱的なもので、明らかに政府の人権保護義務に違反するものだ」と指摘する。「150年も前の無意味な理論に基づいた、拷問のような品位を傷つける検査を、2016年の今、誰も受けさせられるべきではない。」

 検査は、肛門括約筋の緊張や肛門の形状によって同性愛者を特定できるという、現在は信憑性が否定されている19世紀の理論に根ざしている。国際的な法医学の専門家たちが、検査は残虐かつ品位を傷つけるものであることに加え、無意味であることを証明している。この結論は、ヒューマン・ライツ・ウォッチの聞き取り調査に応じ、自ら検査を実施したことがある数人の医療専門家でさえ認めていた。

https://www.ganas.or.jp/press/20160712hrw/

物体を挿れる!?いったいナニを挿れているんだぁ…?あ、ナニか…

アッーーーいたい!いたいです!

おいそこのアナルをヒクヒクさせているお前!とか言われてもゲイかどうかの根拠は無いってことですね、みんなも秘密警察に捕まった時のために覚えておこうね

Nuhoo!JAPANはメス堕ちおねだりックスを推奨しております。そこに愛がなければイケないのです!

強制的な肛門検査はすべての国で廃止されるべきだ。そして国際的・国内の人権および医療機関が強く声高にその使用に反対せねばならない。

https://www.ganas.or.jp/press/20160712hrw/

そうだそうだ!日本の医者も心の準備も無しにいきなりケツに指を突っ込むのをやめろォ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました