昆虫界初のバイオミネラルコーティング外骨格装甲を装着したアリが凄い!メタリジウムテストも驚異の好成績を叩き出す!おまけに…とってもエッチなんです💛

中南米に分布するハキリアリは、葉っぱを切って巣に持ち帰り、そこに菌類を植えつけて栽培する面白い習性の持ち主です。ウィスコンシン大学マディソン校はこのほど、ハキリアリの一種「Acromyrmex echinatior」が、防護のための特殊なボディアーマーを身につけていることを発見しました。これにより、抗菌性や戦闘力が格段にアップしていたようです。研究は、11月24日付けで『Nature Communications』に掲載されています。

https://nazology.net/archives/74392?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

エッチなティオール…?これはつまりエッチなアリさんだ!強いのにエッチとか素敵だ!(脳がスカスカ発言)

研究チームは、A. echinatiorの体表面に見られる「白っぽい粒状皮膜 」を分析し、これが昆虫界で初となる「天然のボディアーマー」であるという結論に達しました。研究主任のキャメロン・キュリー氏は「バイオミネラル(生体鉱物)のコーティングが発見されたのは、アリと菌類との共生関係を調べていくた最中でした」と話します。電子顕微鏡などで詳しく分析した結果、バイオコーティングは薄い層状になっており、3〜5マイクロメートルほどの菱面体マグネシウムカルサイト結晶でびっしり覆われていました。

https://nazology.net/archives/74392?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

ガイバー新刊まだー?

コメント

タイトルとURLをコピーしました